養生訓182

大魚(だいぎょ)は小魚(しょうぎょ)より油多くつかえやすし。脾虚(ひきょ)の人は多食(たしょく)すべからず。薄く切(きっ)て食へばつかえず。大なる鯉(こい)・鮒(ふな)大に切、或(あるいは)全身を煮(に)たるは、気をふさぐ。うすく切べし。蘿蔔(だいこん)、胡蘿蔔(にんじん)、南瓜(かぼちゃ)、菘菜(うきな)なども、大に厚く切(きっ)て煮(に)たるは、つかえやすく、薄く切て煮るべし。

意訳

大きな魚は、薄く切って食べると良いです。野菜類で、大根、人参、かぼちゃ、白菜なども、薄く切って煮たら消化しやすいです。

通解

大きな魚は小さな魚に比べて脂肪が多く、消化が難しいことがあります。脾虚の人は過度な食事を避けるべきです。大きな魚を薄く切って食べると消化に良いです。大きな鯉や鮒を食べる場合は、厚く切って全身を煮ると消化し難いことがあります。薄く切って調理することをおすすめします。また、大根、にんじん、かぼちゃ、菘菜なども同様で、薄く切って煮ることで消化しやすくなります。

気づき

魚にしても、野菜にしても、調理の方法次第で、体に対する影響が違うことが分かりました。

脾虚とは

脾虚(ひきょ)は、中医学や伝統的な東洋医学(特に中国の伝統医学)の概念の一つであり、体のバランスや健康に関連する概念です。これは、主に脾臓に関連していますが、西洋医学の臓器としての脾臓とは異なり、中医学では脾臓は消化器系や免疫系などの機能を含んでいます。

脾虚は、以下のような症状や特徴を含む状態を指すことがあります:

消化不良: 食欲不振、腹部膨満感、下痢や便秘などがあります。

筋肉の弱さ: 体力の低下や筋肉の疲労感が現れることがあります。

浮腫: 体の浮腫やむくみが起こることがあります。

冷え性: 手足の冷えが感じられやすいことがあります。

免疫機能の低下: 風邪や他の感染症にかかりやすくなることがあります。

中医学では、脾虚は食事やライフスタイルの乱れ、ストレス、不規則な生活習慣などが原因で生じると考えられています。治療法としては、適切な食事療法、生活習慣の改善、漢方薬などが用いられることがあります。

浮腫とは

浮腫(むくみ)は、体の組織や皮膚の下に余分な水分がたまり、その結果として部分的な腫れや膨らみが生じる状態を指します。通常、浮腫は特に手や足、顔などの末梢部位に現れることが一般的ですが、全身にわたることもあります。

主な浮腫の原因には以下のようなものがあります:

液体の滞留: 血管内の液体が組織に適切に排出されず、滞留することがあります。これは、血管の圧力の変化やリンパ系の問題に関連しています。

循環器系の問題: 心臓や血管の疾患により、循環が悪くなると、組織に十分な酸素や栄養が供給されず、浮腫が生じやすくなります。

リンパ系の障害: リンパ液がうまく循環できない場合、組織に余分な水分がたまりやすくなります。

妊娠: 妊娠中には、体内の液体量が増え、浮腫が生じることがあります。

食事や生活習慣: 高塩分の食事や長時間の座りっぱなし、立ちっぱなしなど、生活習慣が浮腫の原因となることがあります。

浮腫の症状には、腫れ、重だるさ、皮膚の張り感、指輪や靴がきつく感じるなどがあります。

ちょっとだけ、為になりそうなブログは、こちらか

養生訓

前の記事

養生訓181
養生訓

次の記事

養生訓183