養生訓86

「人の身をたもつには、養生の道をたのむべし。針灸(しんきゅう)と薬力(やくりょく)とをたのむべからず。
人の身には口腹耳目(こうふくじもく)の欲ありて、身をせむるもの多し。古人(こじん)のをしえに、養生のいたれる法あり。
孟子(もうし)にいはゆる「慾を寡(すくな)くする」、これなり。宋の王昭素(おうしょうそ)も、「身を養ふ事は慾を寡(すくなく)するにしくはなし」と云。省心録(せいしんろく)にも、「慾多ければ即ち生(せい)を傷(やぶ)る」といへり。
およそ人のやまひは、皆わが身の慾をほしゐままにして、つつしまざるよりおこる。養生の士(し)はつねに、これを戒(いましめ)とすべし。」

意訳

健康を保つ為には、むやみにに薬に頼らないがよいでしょう。日頃の養生が大切です。
では、その養生とは何か。それは、欲を少なくすることです。孟子も、同じような事を言っています。
およその病気は、欲のままに生きることによって生じます。養生に健康を求める人は、これを、いつも心に留めて置きましょう。

通解

人々の健康を保つためには、養生の方法を求めるべきです。針灸や薬物の力を頼るべきではありません。人間の身体は、口や腹、耳、目などの欲望を抱えており、自制心を欠いて身を負わせる要因が多いです。古代の人々は、養生の方法についてすでに知恵を蓄えていました。孟子は「慾を寡くする」ことが養生の方法であると述べています。宋の王昭素も「身を養うためには慾望を抑えることが重要である」と語っています。『省心録』にも「慾望が多いと生命を傷つける」ということが記されています。

人々の病気や不調は、ほとんどが自分の欲望を制御せずに行動することから起こります。養生を心がける人は常に、これを戒めとして守るべきです。

気づき

何事も意識して継続すれば、それが習慣となり、苦痛ではなくなると聞いたことがありますね。

孟子とは

孟子(Mencius、紀元前372年 – 紀元前289年)は、古代中国の儒家哲学者であり、儒教の主要な思想家の一人です。孟子は孔子(Confucius)の弟子の弟子であり、孔子の教えを継承し、発展させました。彼の思想と教えは「孟子」または「孟子思想」として知られています。

孟子の主要な思想の要点は次のようなものです。

人性の善: 孟子は人間の本性は善であると信じており、善の根源が心の中にあると考えました。彼は人間に内在する善性を引き出し、育てることが重要であると強調しました。

仁愛と道徳: 孟子は仁(ren)という概念を中心に、道徳的な価値観を強調しました。仁は他者への思いやりや愛情を意味し、社会的な調和と倫理的な行動の基盤として重要視されました。

君子の立場: 孟子は君子(junzi)と呼ばれる、道徳的に優れた人物の理想を提唱しました。君子は仁を実践し、徳の高い個人であり、政府や社会においてリーダーシップを発揮する存在とされました。

王道政治: 孟子は良い統治と社会の平和を重視し、君主に対して人民の利益を最優先に考えるべきだと説きました。彼は王道(Way of the King)と呼ばれる政治理念を提唱し、君主には仁や道徳を持って国を治めるべきだと主張しました。

孟子の思想は、儒教の中でも重要な位置を占めており、中国の歴史と文化に深い影響を与えました。彼の教えは後の儒家思想や中国哲学において大きな影響力を持ち、儒教の伝統を継承し、発展させた一人として尊重されています。

王昭素とは

王昭素(Wang Zhaojun)は、中国の歴史上の伝説的な女性の一人で、漢代(紀元前206年 – 220年)の王朝である前漢王朝の時代に活躍した人物です。彼女の物語は、中国の文学、歌、絵画、劇などに広く取り上げられており、中国の文化遺産の一部となっています。

王昭素は、前漢の時代に、漢の皇帝である王昭素によって、中国の遠く北部にある匈奴(Xiongnu)との外交のために選ばれた女性です。王昭素は美しい容姿で知られており、その美しさが匈奴の王に印象を与えることを期待されていました。彼女は自ら志願してこの役割を引き受け、中国から匈奴へと嫁ぐこととなりました。

王昭素の物語は彼女が中国を去る悲しい別れや、彼女の美しさが冷酷な寒冷地における彼女の命を犠牲にしたことに焦点を当てています。彼女の美しさが氷を溶かす力を持つとされ、この伝説には王昭素の高潔さと献身が反映されています。

王昭素の物語は、中国の歴史と文学において非常に重要な位置を占めており、多くの文学作品、絵画、音楽、劇などに取り上げられています。彼女の伝説は中国文化の一部であり、その物語は長い間、美と献身に関する重要なテーマを表現してきました。


養生訓

前の記事

養生訓85
養生訓

次の記事

養生訓87