養生訓394(巻第八 養老)

人の子となりては、其(その)おやを養ふ道をしらずんばあるべからず。其心を楽しましめ、其心にそむかず、いからしめず、うれへしめず。其時の寒暑(かんしょ)にしたがひ、其居室(そのきょしつ)其祢所(そのねどころ)をやすくし、其飲食を味よくして、まことを以て養ふべし。老人は、体気おとろへ、胃腸よは(わ)し。つねに小児を養ふごとく、心を用ゆ(ふ)べし。飲食のこのみ、きらひをたづね、其(その)寒温(かんおん)の宜(よろし)きをこゝろみ、居室(しょしつ)をいさぎよくし、風雨(ふうう)をふせぎ、冬あたゝかに、夏涼(すず)しくし、風寒暑湿の邪気(じゃき)をよく防(ふせ)ぎて、おかさしめず、つねに心を安楽ならしむべし。盗賊(とうぞく)水火の不意なる変災(へんさい)あらば、先(まず)両親を驚(おどろ)かしめず、早く介保(かいほう)し出(いだ)すべし。変にあひて、病おこらざるやうに、心づかひ有べし。老人は、驚けば病おこる。おそるべし。

養生訓

前の記事

養生訓393
養生訓

次の記事

養生訓395(養老)