養生訓416

灸法、古書には、其(それ)大(おおき)さ、根下(ねさが)三分ならざれば、火気,達せずといへり。今世も、元気つよく、肉厚くして、熱痛をよくこらふる人は、大にして壮数も多かるべし。もし、元気虚弱、肌肉浅薄(きにくせんぱく)の人は、艾炷(がいちゅう)を小にして、こらへ、よくすべし。壮数を半(なかば)減ずべし。甚(はなはだ)熱痛して、堪(た)へがたきを、こらゆれば、元気へり、気升(のぼ)り、血気錯乱(さくらん)す。其、人の気力(きりょく)に応じ、宜(よろしき)に随(したが)ふべし。灸の数を、幾壮(いくそう)と云(いう)は、強壮(きょうそう)の人を以て、定めていへる也。然れば、灸経(きゅうけい)に、いへる壮数も、人の強弱により、病の軽重(けいちょう)によりて、多少を斟酌(しんしゃく)すべし。古法に、かゝはるべからず。虚弱の人は、灸炷(きゅうがい)小にして、すくなかるべし。虚人(きょじん)は、一日に一穴(いっけつ)、二日に一穴、灸するもよし。一時に多くすべからず。灸して後、灸瘡(きゅうそう)発せざれば、其、病、癒(いえ)がたし。自然にまかせ、そのまゝにては、人により灸瘡(きゅうそう)発せず。しかる時は、人事をも、つくすべし。虚弱の人は、灸瘡発しがたし。古人、灸瘡を発する法多し。赤皮(あかがは)の葱(ひともじ)を三五茎(きょう)青き所を去て、糠(ぬか)のあつき、灰中(はいのなか)にて煨(む)し、わりて、灸のあとを、しばしば、熨(うつ)すべし。又、生麻油(なままゆ)を、しきりにつけて発するもあり。又、灸のあとに、一、二壮、灸して発するあり。又、焼鳥(やきとり)、焼魚(やきざかな)、熱物(ねつもの)を食して発する事あり。今、試るに、熱湯を以(もって)しきりに、灸のあとを、あたゝむるもよし。

養生訓(意訳)

お灸をする時は、古法に拘らないようにしましょう

通解

古書には、灸法の中で灸の大きさが重要であり、根元から三分の一以上火が達しなければならないと記されています。現代でも、元気で体力があり、熱痛をよく感じる人は、灸を大きくして多くの艾炷を使うべきです。一方、元気が虚弱で肌や筋肉が薄い人は、小さな艾炷を使用し、控えめに灸するべきです。壮数は半分に減らすべきです。熱痛がひどくて堪えがたい場合は、元気が減少し、気が上昇して血気が乱れることがあります。そのため、各人の気力に応じて調整し、適切な方法を選ぶべきです。灸の数は、強壮な人を基準に定められていますが、具体的な数は人の強弱や病状の軽重によって異なるため、柔軟に考慮すべきです。古い方法に固執することは避けましょう。虚弱な人は小さな艾炷を使い、控えめに灸するべきです。虚弱な人は1日に1つの穴または2日に1つの穴を灸してもよいでしょう。一度に多くの灸をすることは避けるべきです。灸後、灸瘡(灸による傷)が発生しない場合、病気が癒えにくくなります。自然のままに放置すると、人によって灸瘡が発生しない場合もありますが、そうでない場合は適切な処置を行うべきです。灸瘡が発生しにくい虚弱な人もいます。古代の人々は、さまざまな方法で灸瘡を発生させていました。例えば、赤皮の葱を少し切り、青い部分を取り除き、糠の中で煎じ、それを使って灸後の部位をしばしば湿布する方法や、生麻油を頻繁に塗る方法があります。また、灸後に1、2回の灸を行うことでも灸瘡が発生することがあります。焼き鳥や焼き魚、熱い食べ物を食べることでも発生することがあります。

シニアライフを快適にするアイテム

前の記事

養生訓415

次の記事

養生訓417