養生訓353

孫思邈(そんしばくいわく)曰(いわく) 、人、故(ゆえ)なくんば薬を餌(くらう)べからず。偏(ひとえ)に助(たす)くれば、蔵気不平(ぞうきふへい)にして病(やまい)生(しょう)ず。劉仲達(りゅうちゅうたつ)が鴻書(こうしょ)に、疾(やまい)あつて、もし名医なくば薬をのまず、只(ただ)病のいゆるを、しづかにまつべし。身を愛し過(すご)し、医の良否(りょうひ)を、ゑ(え)らばずして、みだりに早く、薬を用る事なかれ。古人(こじん)、病あれども治せざるは中医(ちゅうい)を得(え)ると云、此言(このことば)、至論(しろん)也といへり。庸医(ようい)の薬は、病に応(おう)ずる事はすくなく、応ぜざる事多し。薬は皆、偏性(へんしょう)ある物なれば、其病(そのやまい)に応ぜざれば、必(かならず)毒となる。此故(このゆえ)に、一切(いっさい)の病に、みだりに薬を服すべからず。病の災(わざわい)より薬の災(わざわい)多し。薬を用(もちい)ずして、養生を慎みてよくせば、薬の害なくして癒(いえ)やすかるべし。

養生訓

前の記事

養生訓352
養生訓

次の記事

養生訓354