養生訓268

夜ふすには必ず、側(かたわら)にそばたち、わきを下にしてふすべし。仰(あお)のき、ふすべからず。仰(あお)のきふせば気ふさがりて、おそはるゝ事あり。むねの上に手をおくべからず。寝入(ねいり)て気ふさがりて、おそはれやすし。此二(ふたつ)いましむべし。

気づき

仰向けに寝ることは良くないのですね。これからは、寝る時は横向きにしたいと思います。

養生訓

前の記事

養生訓267
養生訓

次の記事

養生訓270