養生訓99

人、慾をほしゐまゝにして楽しむは、其(その)楽しみいまだつきざる内に、はやくうれひ生ず。
酒食・色慾をほしゐまゝにして楽しむ内に、はやくたたりをなして苦しみ生ずるの類(るい)也(なり)。

意訳

欲望のままに生きていると、自分が想像する以上に早く、その苦しみの結果が出てきます。

通解
人は、欲望を追求して楽しむことで、その楽しみがまだ続いている最中にも関わらず、すぐに苦しみが生じてきます。
酒や食事、そして性的な欲望を追求して楽しむ過程で、すぐにその行動が後で苦しみをもたらすことになるのです。このようなことがしばしば起こります。

気づき

欲望に際限なしと若い頃に聞いたことがあります。これから、生きて行くには、足りるを知ることも大切かも知れませんね。

 

養生訓

前の記事

養生訓98
養生訓

次の記事

養生訓100