養生訓332

俗医(ぞくい)は、医学(いがく)をきらひてせず。近代名医(きんだいめいい)の作れる和字(わじ)の医書(いしょ)を見て、薬方(やくほう)を四五十(しごじゅう)つかひ覚ゆれば、医道(いどう)をば、しらざれども、病人に馴(なれ)て、尋常の病を治する事、医書をよんで病になれざる者にまされり。たとへば、稊稗(ていはい)の熟したるは、五穀(ごこく)の熟(じゅく)せざるにまされるが如し。
されど、医学なき草医(そうい)は、やゝもすれば、虚実寒熱(きょじつかんねつ)を取(とり)ちがへ、実々虚々(じつじつきょきょ)のあやまり、目に見えぬ、わざはひ多し。寒(かん)に似たる熱症(ねっしょう)あり。熱(ねつ)に似たる寒症(かんしょう)あり。虚(きょ)に似たる実症(じっしょう)あり。実に似たる虚症(きょしょう)あり。内傷(ないしょう)、外感(がいかん)、甚(はなはだ)相似(あいに)たり。此如(このごとき)、まぎらはしき病(やまい)多し。根(ね)ふかく、見知(みし)りがたき、むづかしき病、又、つねならざる、めづらしき病(やまい)あり。かやうの病(やまい)を治(ち)することは、ことさらなりがたし。

養生訓(意訳)
学問を好まない医者は人の扱いには長けています。だから、日常的な軽易な病は治せるでしょう。しかし、特異な病に対しては専門の知識がないため、これらの病を治すことは難しいでしょう。

通解

俗医(ぞくい)は、医学を嫌わずに学ぶべきです。近代の名医が作った漢字の医書を見て、薬方を40〜50通り使い覚えれば、医術はわからないままでも、患者に慣れて一般的な病気を治すことができます。医書を読んでいない人にとっても役立ちます。例えば、穀物が熟したように、五穀が熟していなくても収穫できるようになるでしょう。

しかし、医学のない草医は、時には虚実寒熱を取り違え、実の症状を虚と間違えたり、目に見えない問題や技術的なミスが多くあります。寒に似た熱の症状や、熱に似た寒の症状、虚に似た実の症状、実に似た虚の症状があります。内傷や外感、非常に類似した症状もあります。こうした病気は混乱しやすく、根深くて理解しにくいものや珍しい病気もあります。こうした病気を治療することは特に困難です。

シニアライフを快適にするアイテム

前の記事

養生訓331

次の記事

養生訓333