養生訓297

泄痢(せつり)し、及食滞(しょくとどこおり)、腹痛(ふくつう)に、温湯(おんとう)に浴(よく)し、身体をあたたむれば、気めぐりて病(やまい)いゆ。 甚(はなはだ)しるしあり。初発(しょはつ)の病には、薬を服するにまされり。身に小瘡(こがさ)ありて熱湯(あつゆ)に浴し、浴後、風にあたれば肌(はだ)をとぢ、熱、内にこもりて、小瘡(こがさ)も、肌の中に入て熱(ねつ)生(しょう)じ、小便通(つう)ぜず、腫(はれ)る。此症(このしょう)、甚(はなはだ)危(あやう)し。おほくは死す。つつしんで、熱湯(ねっとう)に浴(よく)して後、風にあたるべからず。俗に、熱湯(ねっとう)にて小瘡(こがさ)を内にたでこむると云う。左にはあらず、熱湯に浴し、肌表(はだおもて)、開きたる故に、風に感じやすし。涼風(りょうふう)にて、熱を内にとづる故、小瘡(こがさ)も共に内に入るなり。

養生訓(意訳)
下痢や消化不良の時は、温かいお風呂の入り、温めると気がめぐって身体に良いでしょう。しかし、熱湯での入浴は、注意が必要でしょう。

通解

下痢、食べ物が胃に詰まり、腹痛の際に、温かいお湯に浸かり、体を温めると、体内の気が巡り、病気が和らぐことがあります。特に初期の病気には、薬を服用するよりもお湯に浸かることが効果的です。また、皮膚に小さな傷やかゆみがある場合、熱いお湯に浸かり、その後風に当たると、皮膚が収縮し、熱やかゆみが内部に引きこもり、小さな傷が皮膚の中に入り込んでしまうことがあります。この状態は非常に危険で、多くの場合、重篤な感染症を引き起こすことがあります。したがって、熱いお湯に浸かった後は、風に当たらないように注意すべきです。一般的な誤解として、「熱湯で小傷を内に押し込む」と言われることがありますが、これは誤りです。実際には、熱いお湯に浸かった後、皮膚が開いているため、風に当たると内部に熱や小さな傷が入り込むことがあります。

気づき

この文章では、温湯の効果と共に、身体に熱や小瘡がある場合には、熱湯に浸かることが危険であることが述べられています。特に、小瘡がある場合には、熱湯に浸かった後に風にあたると、肌が収縮して小瘡が肌の中に入り込んで熱を生じ、腫れや尿の通りが悪くなる危険性があるとされています。そして、熱湯に浸かった後は涼しい場所でゆっくりと体を休めることが重要であるとされています。また、初発の病気には薬を服用することが推奨されています。

やっぱり、自分にあった良い湯加減が良いみたいですね。

養生訓

前の記事

養生訓296
養生訓

次の記事

養生訓298