養生訓261

情慾(じょうよく)をおこさずして、腎気(かんき)動かざれば害なし。若(し)情慾をおこし、腎気(かんき)うごきて、精気を忍んでもらさざれば、下部に気滞(きとどこ)りて、瘡癤(ようせつ)を生ず。はやく温湯(おんとう)に浴(よく)し、下部(かぶ)をよくあたたむれば、滞(とどこお)れる気めぐりて、鬱滞(うつたい)なく、腫物(はれもの)などのうれひなし。此術(このじゅつ)、又知るべし。

気づき

お風呂は色々な効果がありますね。

養生訓

前の記事

養生訓260
養生訓

次の記事

養生訓262