養生訓251

茶は冷(れい)也。酒は温(おん)也。酒は気をのぼせ、茶は気を下(おろ)す。酒に酔(よ)へばねむり、茶をのめばねむりさむ。その性(せい)うらおもて也。あつものも、湯茶(ゆちゃ)も、多くのむべからず。多くのめば脾胃(いひ)に湿(おん)を生ず。脾胃(いひ)は湿をきらふ。湯茶(ゆちゃ)、あつものを飲む事すくなければ、脾胃(いひ)の陽気さかんに生発して、面色光(めんしきひかり)、うるはし。

気づき

大好きなお茶も、多飲は良くないみたいですね。

養生訓

前の記事

養生訓250
養生訓

次の記事

養生訓252