養生訓106

心を平らかにし、気を和(やわら)かにし、言(げん)をすくなくし、しづかにす。
是、徳(とく)を養ひ身をやしなふ。
其道(そのみち)一(いち)なり。
多言(たげん)なると、心さはがしく気あらきとは、徳をそこなひ、
身をそこなふ。其害(そのがい)一(いち)なり。

意訳

多言は、慎んだほうが良いでしょう。そして、無駄な口論も、身体に悪いです。

通解

心を平らかにし、気を穏やかにし、言葉を少なくし、静かにすること。これによって徳を育み、身を整えるのです。この道はただ一つです。

多く言葉を発することは、心を乱し、気を乱れさせるものであり、結果として徳を損ない、身を損ねることになります。この害はただ一つです。

気づき

昔から、口は災いの元とも云いますが、孤独もまた健康に良くないそうですね。

最悪、血圧が急に上がるようなことはやめた方が良さそうですね。

養生訓

前の記事

養生訓105
養生訓

次の記事

養生訓107